製品名 1/150 江戸城
商品説明 1/150 江戸城天守閣
1606年(慶長11年)徳川家康が築城し、1622年(元和8年)2代将軍秀忠、1638年(寛永15年)3代将軍家光が代替わりごとに、それぞれ城を築きなおした。家光の建てた天守閣は1657年(明暦3年)に明暦の大火により焼失、以後天守閣は再建されることはなかった。
天守台上にある5層5階地下1階の天守の高さは棟まで44.8メートル、石垣は高さ12メートルを越え、江戸の町からは巨大にそびえたつ豪壮な天守を見ることができた。城下からの高さは80メートルほどになる。
金色の輝きの、破風板飾り・懸魚飾り・棟上の鯱(しゃちほこ)を壁面2/3の黒銅色の壁が華々しく演出し、さらに重厚な城の雄姿は、将軍家の威信を見せつけている。
キットの説明 キットは、寛永度天守の建築図を参考に、図書、文献をもとに細部にわたって1/150スケールで再現。主要部品はレーザーパーツを中心に精密加工された木製部品、金属パーツは24kメッキの鯱(しゃちほこ)、破風板飾りは真鍮製エッチングを使用し、かつての豪壮な江戸城天守を再現。天守台は、作りやすさを重点に構造を新設計。石垣は、取付模様の台紙を付属、垂木・屋根のカットゲージ付きでより高い完成度が期待できる。塗装説明も組立説明の中で、詳しく記載されています。
完成サイズ 全幅:400mm 奥行:360mm 全高:448mm
製作参考時間 130時間
難易度 ★★★★☆
販売元 株式会社ウッディジョー


※サイズ・重量は約の表示で誤差が生じる場合があります。
※品質向上のため予告無く仕様を変更する場合がございます。
※商品画像の色合いは、画像処理上 若干異なる場合がございます。予めご了承下さい。



【お1人様1点限り】 江戸城 1/150 木製建築模型 ウッディジョー-城

日本アセアンセンター 公式Faceboページ≫