人気ショップ 色無地 鳥の子色 縫取源氏香文 付下げ柄-着物



















・余計なものを足さない洗練されたミニマルデザイン
・美しい銀縫い取り
・とにかく素敵な源氏香文





◇色目  鳥の子色(とりのこ)

薄く明るい黄色。上品で瑞々しい華のある色目です。顔写りが一段明るくなります。

イエロー系のお色目ですが、淡いトーンですので、強い主張やクセがなく、様々な色目との配色がしやすい色調です。

あわせた色目の雰囲気とうまく調和しますので、春の色を合わせると春の雰囲気。秋の色を合わせると秋の雰囲気となり、コーディネートを楽しめます。

帯や小物のコーディネートで幅広く着用していただけます。




◇素材 絹

◇サイズ 巾380mm×長さ13m

◇表地 丹後産 銀縫取紋意匠縮緬 1反
◇八掛地 丹後産 裾さばきの良い正絹地1枚
◇羽二重胴裏 福井産 重目 1枚
御仕立に必要な裏地が高品質素材で全てセット

◇用途 

◇文様分類 器物文様 物語文様

◇生地品質

最高品質素材の中でもさらに高品質素材と特殊な技法で製作。

◇特徴 ◇特徴 

縮緬地調のマットな表情をベースに源氏香の文様が配されております。地紋は、地色と同じ色に染まる白糸の箇所と、銀の色糸で織られた縫い取りの箇所がございます。

縫い取りは、生地の一部分を染まらない糸で地紋を織り上げた素材です。無地染めすることで、縫い取りの色無地に分類されます。最近では少なくなりました素材ですのでご存知でない方が多いかもしれませんが、着用範囲は「色無地」となります。

昔より、店長小野田、源氏香は大好きな素敵な文様です。ですが、今までありがちな全体に文様で埋め尽くされてしまうのは、何やら趣に欠けるなぁ、、と感じておりました。

「柄は、裾に少しと袖に少し位で充分で、、。あとは何もない方がいいんだけど、、」。

余計なものは足さないで、無駄を削ぎ落していて、それでいて華がある。バッハの音楽のようなイメージ。

柄そのものの美しさをより表すためには、何もない個所の役割がとても大事。それが調和して配されているととても美しい。

この感覚、何となく判っていただけるとありがたい。同じ感覚を持っている人のために作ってみました。感覚が共有できると嬉しいです。

それで出来上がったのがこの素材です。とても格好良いです。

すごくシンプルに見えますが、生地はパーツ毎に織り柄が違う構成となっております。ですので、すごく手間かかってます。見る人が見れば何これ凄い、と判りますが、それは心の奥にしまい。自慢せず、さらりとお召し下さい。

ご存知と思いますが源氏香は、香の図とも呼ばれ、香道で源氏物語にちなんで名付けた組み香「源氏香」に用いられる符号です。それぞれに源氏物語の最初の桐壷と最後の夢の浮橋を除いた五十二帖の名称がついています。

幾何学的な形状の文様ですが、源氏物語のストーリー性がリンクすることから、幅広く古くから愛され続けた文様です。雅でアナログな趣とデジタル的な形状がなんとも素敵でございます。

同柄の別の色目 ⇒(源氏香文)

誂え染できます ⇒(色無地 縫取源氏香文 誂え染へ)

◇お仕立 

ご希望の方のみ、同梱の仕立注文書、もしくは下記リンク先より「京仕立 袷 手縫い 色無地 (絵羽柄・附下柄」をご注文下さい。



◇備考 

お見積もり例

反物+袷仕立+抜き紋の場合、<145,000円+消費税>
反物+単衣仕立+抜き紋の場合、<145,000円+消費税>



◇返品

未仕立・未加工の商品のご返品は、お荷物到着から7日以内にご連絡下さい。
仕立・紋入・ガード加工済の商品は返品できません。

商品を御確認いただきまして、お顔写りなどお気に召しませんでしたら交換・誂え染もいたしますのでご相談ください。